HOME  >> 一般不妊概要   >> 不妊の原因  

不妊の原因

1.排卵障害

多嚢胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症などホルモンの分泌異常があり排卵が起こらない。

2.卵管障害

子宮内膜症やクラミジア感染症による卵管炎が原因で、卵管狭窄や卵管閉塞がおこる。

3.精子異常

精液中の精子濃度が薄かったり(乏精子症)、動きが弱い(精子無力症)。

4.黄体機能不全

子宮内膜への受精卵の着床を助ける黄体ホルモンの分泌が少ない。

5.子宮因子

子宮筋腫、子宮奇形などがあり、受精卵がうまく着床できない。

6.抗精子抗体陽性

女性の体内に精子と結合する抗体があり、精子と卵子が受精できなくなる。

7.性交障害

さまざまな事情があって夫婦生活がうまくできない。

8.子宮内膜症

卵管と周囲の臓器が癒着して、排卵した卵子が卵管に取り込まれない。

9.原因不明

従来の検査で異常が認められないもの。