高度不妊治療概要

ご主人さまのサポートが肝心なのです。

不妊症の原因は、ほぼ男女半々。例えどちらかだけに原因があろうとも、それは夫婦2人が背負うべき問題のはず。ただ実際の治療においては、通院するのも、身体的な負担を担うのも、奥さまのみという場合がほとんど。

ご主人さまには、同じ痛みを分かちあえる唯一無二の理解者として、どうか全力で奥さまを支えていただきたいのです。

● 治療内容

  • 卵管鏡下卵管形成術
  • 体外受精(IVF)
  • 顕微授精(ICSI)
  • 精巣精子顕微授精(TESE−ICSI)
  • 胚盤胞移植
  • 二段階胚移植
  • 受精卵凍結保存
  • 精子凍結保存
  • ホルモン補充周期による凍結融解胚盤胞移植
  • 孵化補助療法(アシステッドハッチング)