胚盤胞移植

採卵後5〜6日間胚の培養を行い、胚盤胞になった胚を移植する方法です。

自然妊娠では胚が子宮内膜に着床するのは胚盤胞と呼ばれる時期になってからであり、胚盤胞を子宮腔内に移植することで、 より生理的に近い状態で胚を戻すことができます。

また、この時期まで発育した胚は1個あたりの着床率が高く、移植胚数を 1〜2個に減らしても高い妊娠率が期待できますので、多胎妊娠の予防 にもつながります。

しかし、胚盤胞まで到達する胚はそれほど多くはないので、キャンセル率は高くなります。