二段階胚移植

二段階胚移植とは、一般的な体外受精と胚盤胞移植を組み合わせた方法です。

採卵の2〜 3日後に4〜8細胞期の受精卵を1〜2個移植し、その他の胚はさらに培養を続けて 胚盤胞まで発育させてから、採卵の5〜6日後に子宮内に胚盤胞を移植する方法です。

このように二段階に胚移植することにより、従来の体外受精より高い妊娠率が報告されています。

二段階胚移植のメリット

二段階胚移植する利点は、2日目に入れた最初の胚が子宮内膜になんらかの刺激を与えることにより 子宮内膜の胚受容能が高まったところへ、着床率の良い胚盤胞を移植するために、妊娠率が上がると考えられています。

二段階胚移植のデメリット

二段階胚移植を行うためにはある程度の受精卵数が必要となるため、キャンセル率は高くなります。

また、多胎妊娠の確率も高くなります。