凍結融解胚盤胞移植

採卵した周期に凍結保存した胚を、その後の周期に融解し移植する方法です。

凍らせて融かすと聞いて、胚へのダメージを心配される方も多いかもしれませんが、
融解後、再び細胞分裂をはじめるようであれば、凍結の影響はないと考えてよいでしょう。

なお凍結融解胚を子宮に戻す場合には、自然周期で排卵した後に胚移植する方法と、 ホルモン補充を 行って子宮内膜を理想的な状態に整えた周期に胚移植する方法があります。

最近では、1人目のお子さんを体外受精で授かった方が、そのときの余剰胚を凍結保存しておき、 数年後に移植して2人目を授かるというケースも珍しくなくなってきました。

メリット

35才を過ぎる頃から加齢とともに急速に卵子の老化が進み、妊娠率は下がっていきます。 ですから、比較的高齢だけれども凍結胚があるというようなケースでは、新たに卵巣刺激をして 新鮮胚を用意するよりも、少しでも若い頃の凍結胚を使ったほうが胚の質がよい可能性も高く、 妊娠にも有利だと思われます。