子宮頸ガン予防ワクチン

対象者

10歳以上の女性

接種方法

半年間で3回接種

  • 初回
  • 初回から1ヵ月後
  • 初回から6ヵ月後

3回接種する事で十分な効果が得られます。きちんと3回接種する事が重要です。

ワクチン接種の方法

各15,750円(消費税込み)  ×3回  合計47、250円

その他

  • 子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも、特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されている、HPV16型とHPV18型の感染を防ぎます。
  • すでに、世界100カ国以上で使用されており、日本でも2009年12月より、一般の医療機関で接種する事ができるようになりました。
  • 子宮頸がん予防ワクチンは発がん性HPVの感染を予防するもので、ワクチン接種前に発症した子宮頸がんを治したり、進行を遅らせたりするものではありません。

詳しい内容はこちら

子宮頸ガンに関する情報サイト